レンタルサーバHackのホーム > Zenlogicの口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

Zenlogicの口コミ・評判 - 実際に使ってみた感想と本音

3.1(4件)

Zenlogicの口コミ

1.0 点
2012年に「データ消失事件」、そして2018年には前代未聞の「5日間全サービス停止事件」を引き起こしました。
これら2件の事件は新聞等でも報道されたため周知の事実となっていますが、他にも社内の停電で数時間サーバがダウンしたり、ちょっとしたメンテナンスでも平気でサービスを止めるなど、サーバの運営会社としてはあり得ない対応を平気で行ってくれます。

勤め先のメールサーバでZenlogicを使用しているのですが、2018年の事件は直撃弾を食らいました。
運営から長期間サービス停止のアナウンスが停止7分前(しかも、金曜日の19:53というビジネスタイム外!)に、しかも7分後には受信できないことが容易に想像できるメールのみで行ったことが、運営のレベルの低さを象徴しています。

トラブル発生時には当然のごとくサポート電話も通じず、チャットもなしのつぶて、唯一の公式情報源となったファーストサーバ社のwebページでも、「親会社のYahooが、親会社のYahooが」と意味不明な文言を列挙するだけで、具体的な内容はまるでありませんでした。

猛省では全く足りず、もし今後もサービスを継続していくなら、経営陣・現場スタッフを含めて総交代が必須なレベルかと思います。
101 人の方が役に立ったと言っています。
itaさんの画像
itaさん
(2018/11/03に投稿)
役に立った 101 参考になったらクリックしてね
4.0 点
ファーストサーバ内での移行だったので比較的簡単に短時間で移行することができました。メールの設定やパスワードの変更等もしやすい環境になっていると思います。
あまりにも簡単すぎてセキュリティ上本当に大丈夫なのかと疑問に思わないでもなかったのですが…。 

月額3000円以下で1TBの容量が使えるので、中小企業であればおそらく足りるのではないかと思います。過去に事故を起こしたせいか、電話での質問には割と丁寧に対応してもらえます。すぐに解決できない問題でもその日のうちに納得のいく回答をもらえました。
以前は365日電話対応をしていたと思いますが、現在は平日のみの対応のようです。
電話がつながらずに待たされることはあまり多くはありませんでしたし、通常のIT関連メーカーに比べるとつながるまでの時間は短いと思います。 

SSLサーバー証明書の種類も豊富で無料のものから有料のものまで選択可能です。
無料の講習会のようなものや利用者のサロンのようなものもあったようですが、大阪の会社なので、私の使用時はそうしたものは大阪だけの開催・設置でした。
86 人の方が役に立ったと言っています。
Nörnさんの画像
Nörnさん
(2018/07/21に投稿)
役に立った 86 参考になったらクリックしてね
4.0 点
Zenlogicは、クラウド型サーバーです。通常の共有サーバーと異なり、サーバーを共有するユーザーの影響を受けないと聞いて、使ってみることにしました。

いざ使ってみると、非常にスピードは速いです。
ワードプレスの簡単インストールもありそれと同時にSSL設定もできます。
もちろん、SSLは無料でできます。ただし、細かい設定を行うには、このサーバーは多少使いづらいと感じました。

ワードプレスで少しいじりたいときにも、ファイルを触る必要があり、サーバー初心者には少し使いにくい点があります。
逆に、サーバーに慣れている人や、サイト運営の経験が豊富な人は、自分でいろいろカスタマイズしやすいのかもしれません。

とにかく、操作スピードや、表示スピードはとても速いです。ほかのユーザーの影響を受けないので、どんな環境にあってもサクサク作業ができます。

さらに、サイトが成長してきたらそれにあわせて容量グレードアップができるので、サイトを大規模なものへ成長させたい人におすすめです。
80 人の方が役に立ったと言っています。
サルさんの画像
サルさん
(2018/03/26に投稿)
役に立った 80 参考になったらクリックしてね
4.0 点
Zenlogicは、ファーストサーバ株式会社が提供するホスティングサービスのブランド名です。
Yahoo!JAPANのバックボーンに支えられた、マネージド型(root権限なし)のクラウドサービスで、最小プランのスペックは、
ストレージ:300GBCPU:1v
メモリ:1GB
と少々頼りない気もしますが、後から必要に応じてスペックを変更できるので安心です。

このホスティングサービスの一番の売りは、無料SSLだと思います。
独自ドメインを利用している限り、SymantecDV証明書が無料でついてきて、自動設定されるので簡単です。
証明書取得には審査があり、「ドメイン名使用権」「申請組織の法的存在確認」などの複数項目を機械的、人的に確認される様です。
先の証明書が審査を通過しなくても、法人/個人事業者を対象に「Let'sEncrypt」という別の証明書が自動的に申請・取得・設定される様です。
ドメイン名設定・証明書設定も無制限という事ですから、複数サイト運営されている方にとってはコスト削減も可能なのではないでしょうか。
95 人の方が役に立ったと言っています。
MSさんの画像
MSさん
(2017/11/17に投稿)
役に立った 95 参考になったらクリックしてね
1